トップ > 受験本番前にするべきこと > 受験に必要なものをそろえておこう

受験に必要なものをそろえておこう

1.証明写真
11月になると、入学願書が手に入るようになります。早めに手に入れ、証明写真のサイズを確認しておきましょう。そして、早めに撮影しておきましょう。
年末になると何かと忙しくて、証明写真を取りに行く時間もなくなります。

2.腕時計
試験会場に時計がないところもあります。
試験中、腕時計を見て、時間を把握することに慣れさせておきましょう。
計算機能やゲームのついているものは持ち込み禁止なので、シンプルなものを購入してください。
ソーラー時計は電池切れの心配がないのでおすすめです。

3.予備の眼鏡
子どもは何をしでかすかわかりません。入試前日に眼鏡が壊れた!ということもあり得ます。予備の眼鏡を用意しておくことをおすすめします。


4.定規・コンパス
大半の学校で、入試当日、定規とコンパスを持ってくるよう指示されいます。
最近のコンパスは安いからか、子どもの扱い方が悪いからか、とても壊れやすく、
入試前日になって、コンパスを確認したら壊れていて使えない!ということもあります。普段使うもの以外に、入試専用の定規・コンパスを用意しておくこと。その際、必ず、子ども自身が使いやすいというコンパスを選ばせて下さい。

5.上履き
入試当日、上履きを持ってくるように指示される学校もあります。
入試用の上履きをひとつ用意しておくといいでしょう。

6.服装
ダウンジャケットのような分厚い上着はかさばります。Tシャツの上に分厚いジャケット1枚はおるというような服装は調整がきかないのでよくないです。
Tシャツの上にセーターやトレーナー、上着を重ね着し、試験会場が暑ければ脱いで調整できるような服装でのぞみましょう。

前の記事 | 次の記事

受験本番前にするべきこと