トップ > 成績をあげるには > 中学受験は算数で差がつく

中学受験は算数で差がつく

 

中学受験は算数で差がつくと言われます。
他の教科よりも点数の差が開くのが算数なのだそうです。
塾でも、算数、国語、社会、理科の順で、勉強時間を取りなさいと言われました。

では、算数の成績を上げるにはどうすればいいのか。

それは、正確に早く計算する力をつけること。
これだけです。

算数で点数を取れる子は、難しい問題を解けるセンスを持っている子だと思いがちですが、上のクラスの子でも、意外に簡単なところで計算ミスをしたりするもので、
そういう子はやはり成績に波があるので、結局は合格できません。

絶対にミスが許されない計算問題で、いつも100%正解できる子が結局は合格しています。
計算力のある子は、自然に難しい問題も解けるようになっていくのです。

どこの塾でも計算問題ばかりを集めた問題集があります。これを正確に早く解けるようにすれば、成績は必ず上がります。

計算力は十分ある。ある程度難しい問題もとける。でも、あと一歩のところで合格点まで到達しないというレベルまで成績が上がっている子は、あとは、時間との闘いだと思います。
 

10分ずつ時間を区切って問題をとくこと。
10分かかっても解けない問題はすぐ解答を見て理解する。
そうして、10分という時間の感覚を身につける。

算数が得意で、算数の問題はクイズのように解くのが楽しいという子は、時間も忘れて算数の問題に取り組んでしまいがちです。
「短時間で解く」ということを習慣づけるのが大事です。

 

受験にはあまり関係ないけど、子どもと算数を楽しめる本を紹介します。

長男が小学校低学年の時に、この本の中の算数遊びをやったりしました。

 

前の記事 | 次の記事

成績をあげるには