トップ > 中学受験を考えはじめたら > 中学受験の準備は何年生から?

中学受験の準備は何年生から?

ほとんどの塾では、小学校4年生から、中学受験に向けての勉強が始まります。
しかし、小学4年生からいきなり入試問題を解くわけではありません。
入試問題を解けるようになるためには、確かな「語彙力」「計算力」の2つが必要です。

その「語彙力」「計算力」の土台を4年生でしっかりと固め、その上に、さらに難しい問題を解くことができる力を、5年生、6年生で積み上げて行くのです。

実際に入試問題を解き始めるのは、6年生の夏の講習以降という塾が多いです。
だから、この4年生のうちにしっかりとした土台を作っておかないと、5年生、6年生になって、学力がグラつくことになってしまうのです。

さて、なぜ4年生からかというと、

sck104_rst04_01.jpg

 

1)1年生から3年生までに、+-×÷の四則計算を一通り学校で学習する。
2)4年生ごろになると、目に見えるものを示す言葉やイメージしやすい言葉だけでなく、目に見えなくて、イメージしにくい言葉も理解できるようになってくる。

この2つの理由から、4年生から受験勉強の準備を始めるのがよいと言われているようです。

2)について詳しく説明します。

1年生から3年生では、目に見えるものを示す言葉(りんご、机、手など)やイメージしやすい言葉(おもしろい、高い、重い、熱いなど)を理解するのがやっとで、大人が使うような難しい言葉を理解するところまで、脳が発達していないのだそうです。
目に見えなくて、イメージしにくい言葉と言うのは、例えば、「楽観的」「抽象的」「権利」「義務」・・・といった言葉です。大人でも、その言葉を説明してくださいと言われたら、うまく説明できる人は少数でしょう。

多くの塾が「4年生から中学受験コースを設けている」のには、きちんと理由があるのです。

 | 次の記事

中学受験を考えはじめたら