トップ > 中学受験を考えはじめたら > 親が「目的」をもつこと

親が「目的」をもつこと

 

子どもが「中学受験したい。」と言い始めたのなら、なにも問題はありません。
中学受験したいと言い出した理由はいろいろあるでしょう。

東大に行きたい
司法試験に合格したい
世界で活躍したい・・・
目標があるから、子どもは自分でどんどん勉強していくことでしょう。

しかし、親は中学受験させたいと思っているが、子どもは全くその気がない・・・といった場合はどうするか?

とにかく、子どもを説得するしかありません。
無理やり塾に行かせても、お金の無駄です。

では、説得するにはどうしたらいいか。

親が明確な目的と強い意志を持つことだと思います。

あなたは「子どもに中学受験をさせたい。」と思ったから、このページをご覧になっているのだと思います。
ではなぜ、そう思ったのかをもう一度よく考えてください。

「中学受験をさせるのは、こういう目的があるからだ。」ときちんと親が子どもに示してやることです。

その目的というのは、各家庭で違うと思います。

私の場合は子どもにこう言って説得しました。

「地元の中学で3年間勉強しても、君の大切な3年間が無駄になってしまう。だから、志の高い人の集まった中学校でレベルの高い勉強をしてほしい。中学校は義務教育だから、絶対に受けなくてはいけない。じゃあ、どうせ勉強しなくちゃいけないならレベルの高い授業を受けた方が断然得だ。ある程度レベルの高い勉強をしなければ社会で役に立たないんだから。
お母さんは、君にいい大学に行ってもらおうと思っているわけじゃない。社会で本当に役に立つ知識の基盤は、中学校3年間でしか作れないと思うから、高校受験まで待つのではなく、今、受験して中高一貫校に行ってもらいたい。」

・・・と地元の中学校をボロクソにけなして説得しました。事実、地元の中学のレベルの低さは、実際に授業参観して確認済でした。今はオープンスクールといって、誰でも授業参観できる日が設けられている学校が多いので、ぜひ、地元の公立中学校をのぞいてみてください。

そして目的をきめたら、誰に何を言われようと「ぶれない」ことです。

無責任なじいちゃん、ばあちゃんや近所の人は、
「あんなに勉強してかわいそうだねえ。」とか言ってくるかもしれません。
地元の中学でレベルの低い、くだらない授業を3年間も受けなくちゃいけない状況の方がよっぽどかわいそうです!!

それから、下に中学受験を考える親におすすめの本があります。
ぜひ読んでみてください。

 あなたが考える「中学受験をする目的」が見えてくるはずです。

 

 

和田式中学受験合格ダイアリー―わが子の背中をひと押しする!

和田 秀樹 (著)

見える学力、見えない学力
 
岸本 裕史
大月書店

 

続 見える学力、見えない学力―読み、書き、計算は学力の基礎
岸本 裕史 (著)



「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること

 

 

プロ親になる! (宝島社文庫) 親野智可等 (著)

ラゴン桜(モーニングKC (909)) [コミック]
三田 紀房 (著)

ドラマにもなった漫画本です。ドラマを見た方は多いと思いますが、ドラマでは作者の言いたいことが、全く伝わってきていなかったように思います。
ぜひ漫画を読んでみてください。ドラマとは比べ物にならないほど、もっと内容の深い作品です。

ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)

 

前の記事 | 次の記事

中学受験を考えはじめたら