トップ > 中学受験を考えはじめたら

中学受験を考えはじめたら

中学受験を考えはじめたら:一覧

中学受験の準備は何年生から?

ほとんどの塾では、小学校4年生から、中学受験に向けての勉強が始まります。しかし、小学4年生からいきなり入試問題を解くわけではありません。入試問題を解けるようになるためには、確かな「語彙力」「計算力」の2つが必要です。 その「語彙力」「計算力」の土台を4年生でしっかりと固め、その上に、さらに難しい問題...

>>続きを読む>

実際に入試問題を見てみよう。

子どもに中学受験をさせようと思ったら、まず、実際に入試問題を見てみることをおすすめします。9月頃から、過去の入試問題集が書店に並びます。それを見れば、公立小学校の勉強だけで合格するのは非常に難しいということが実感できるでしょう。まずは、親の勝手で選んだ志望校や、近所の私立中の過去問を入手して実際に親...

>>続きを読む>

親の小学校時代と今は違います。

私が長男の受験を本格的に考え始めたのは、長男が4年生になってからでした。 住んでいるところは地方都市で、教育熱心でない土地柄、クラスで塾に通っている子はおらず、公文に通っている子がちらほらいるくらいでした。 たまたま地元の公立中学の授業を参観する機会があり、その生徒たちのあまりのやる気のなさに、「こ...

>>続きを読む>

中学受験のメリット

長男の受験を振り返ってみて、私が考える中学受験のメリットをあげてみました。1.反抗期が来る前なので、親や先生が勧めたことやアドバイスを意外に素直に受け入れてくれた。 これが、高校受験となると、こうはいかないだろうと思いました。 中学生というと反抗期。たぶん親が「この高校はどう?」とか「この塾の方がい...

>>続きを読む>

中学受験のデメリット

1.お金がかかるということ。我が家の長男が通学していた塾の場合、月の塾代が4万円として、4万×12か月=48万円夏の講習で20万くらい。冬の講習、春の講習で15万くらい。塾代だけで、年間80万くらい(6年生時)はかかっていたという計算になります。塾にも寄りますが、6年生1年間でそれぐらい...

>>続きを読む>

親が「目的」をもつこと

  子どもが「中学受験したい。」と言い始めたのなら、なにも問題はありません。中学受験したいと言い出した理由はいろいろあるでしょう。東大に行きたい司法試験に合格したい世界で活躍したい・・・目標があるから、子どもは自分でどんどん勉強していくことでしょう。しかし、親は中学受験させたいと思っている...

>>続きを読む>

中高一貫校の魅力

長男が通っている中高一貫校や友人の子どもさんが通っている中高一貫校の話を聞いて、私が考える、中高一貫校の魅力をあげてみました。 1.中高一貫校は担任が持ち上がりのところが多い。 中1で担任になった先生方は、高3までずっと持ち上がりの学校が多いです。息子の通っている学校もそうです。持ち上がりだと、その...

>>続きを読む>